サーバー移転の方法

アイキャッチ「引越し準備している男性」

サーバーが変更になる場合は、データベース上のデータも移行させる必要があります。

サーバーは変わらないけど、URLが変更になる場合もここで紹介する処理でアドレスを変更することもできます。
( 引っ越しする方のコントロールパネルで新規にデータベースを作成する ~ )

ワードプレスはFTPからダウンロードしたファイルを移すだけでは足りません。
データベース上に記事等の中身が入っており、そちらのデータも合わせて必要になります。
忘れない様に気をつけましょうね☆

移転方法

まずは旧サーバー側(引越前)での処理です!

FTP等でファイルを全てダウンロードする。

phpMyAdminログインする。
phpMyAdminログイン画面
言語が選択できる場合は必ず「日本語-utf-8」です。

phpMyAdmin ログイン後の画面
「データベースを選択してください」の上に記載されているデータベースリストから、該当するワードプレスサイトのデータが格納されているデータベース名をクリックする。

データのエクスポートをする
phpMyAdmin エクスポート画面
i.エクスポートをクリックする。
-画像の様な画面になったら-
ii.「全選択」になっているかチェック。 注1
iii.赤丸の所はデフォルトでチェックが入っていないので、そこにチェックを入れる。
iv.「ファイルに保存する」にチェックを入れる。
v.「実行する」をクリック→ファイルをダウンロードして下さい。

次は新サーバー側(引越後)での処理です!

引っ越しする方のコントロールパネル等で新規にデータベースを作成する

phpMyAdminログインする。
phpMyAdminログイン画面
言語が選択できる場合は必ず「日本語-utf-8」です。

先ほど新しく作成したデータベース名をクリックする。

データのインポート
phpMyAdmin インポート画面" src="http://wordpress.argento-luce.jp/wp-content/uploads/phpadmin-2_1.gif
i.「インポート」をクリックする
ii.先ほどエクスポートにたファイルを選択する。
iii.「実行する」をクリック。

URLを変更する場合は下の処理も必要です。

SQLで一括置換
…SQL(インポートの左側4つ目)をクリックして、下記のプログラム文を実行

UPDATE wp_options SET option_value=REPLACE(option_value,"旧URL","新URL");
UPDATE wp_posts SET post_content=REPLACE(post_content,"旧URL","新URL");
UPDATE wp_posts SET guid=REPLACE(guid,"旧URL","新URL");
UPDATE wp_postmeta SET meta_value=REPLACE(meta_value,"旧URL","新URL");

※上の4行では全て置換されない可能性があります。その場合は下の説明を元に、更に置換して下さい。

UPDATE テーブル名 SET 置換する部分/大分類=REPLACE(置換する部分/大分類,"置換前","置換後");

phpMyAdminでの処理はここまでです。


FTP等でファイルを全てアップロードする。

wp-config.phpを編集する。
新サーバー用(引っ越し後)の環境に設定を編集しなおして、アップする。
「データベース名」、「データベースのユーザー名」、>「データベースのパスワード」、「ホスト名」

これでOKなはず・・・?

これで旧サーバーから新サーバーにデータを引き継ぐことができたはずです。
ホームページと管理画面双方にアクセスしてチェックしてね。
成功なら記事IDやメディアのデータ、プラグインの設定などのデータも引き継ぐことができて、やり直す必要はなし!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. アイキャッチ「鍵とノート」
  2. アイキャッチ「音楽・演奏」

アーカイブ

ページ上部へ戻る